三重県伊勢市・松阪市・津市・度会・多気の注文住宅、リフォームの堀崎組

堀崎組の注文住宅 -三重県伊勢市・松阪市・津市・鳥羽市・度会・多気の注文住宅(新築)、リフォーム-

新築、リフォーム、住宅ローン、土地探し等何でもご相談ください

フリーダイヤル 0120-495-024(8:00〜17:00 年末年始を除く)

スタッフブログ

見学会の様子や季節のお便りをご紹介します

2014年8月5日

木材はすべて無垢の木にすべきなのか

スタッフ日記

「自然素材を用いた住まいづくりをしたい」というご要望が増えていますが、木材(構造材)にはどのような木材を使うのか、また、すべて無垢の木にすべきなのかというご質問をいただきます。

私たちは木材(構造材)には適材適所に厳選した木材をご提案しております。
なぜなら、土台や柱、梁などの構造部材は場所によって要求される性能が違うためです。例えば、土台には、湿気やシロアリに強く、柱のめり込みに耐えるよう強度に優れた桧(ヒノキ)材を使用し、柱や梁には曲げ強度に優れ、複雑な加工が行いやすい杉(スギ)を用いる場合があります。

また、すべて無垢の木にすべきなのかという点は、私たちは自然素材、すなわち無垢の木の使用をご提案しておりますが、集成材をご提案する場合もございます。
その際は、当然質のいい集成材をご提案させていただきます。

自然素材である無垢の木をお勧めする理由については、下記の「自然素材の家をおすすめする理由」をご覧下さい。
自然素材の家をおすすめする理由 -ご家族の健康を考えて-
自然素材の家をおすすめする理由 -ぬくもりある住まいのために-

一方で、集成材は、無垢の木よりコストを抑えることができます。また、反りなどの狂いが少なく、無垢の木よりも構造上強いという特長があります。例えば、柱の少ない大きな部屋を作ろうとすれば、梁に集成材を使う必要性が高くなります。

このように木材については、画一された回答で対応するのではなく、家の構造や木材の特長とお客様のご予算、ご希望から最適なプランをご提案させていただきます。

 

このホームページでは、自然素材を用いた事例等、多数の建築事例をご紹介しておりますので、是非ご覧下さい。
建築事例ページはこちら

また、私たちの注文住宅に対するこだわりや注文住宅についてご紹介しておりますので、あわせてご覧下さい。
注文住宅へのこだわりページはこちら
注文住宅のご紹介ページはこちら

ページの先頭へ戻る